読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にわとりプログラマーの備忘録

覚えたことをすぐ忘れてしまう、自分のための備忘録ブログです。

zshのプラグインマネージャーantigenを導入する

antigenはzshプラグインマネージャーです。
コマンド一つで簡単に様々なzshプラグインをインストール出来るようになります。

zsh-users/antigen

antigenのインストール

gitリポジトリをクローンするだけで完了します。
クローンする場所は何処でも大丈夫ですが、今回は~/.zsh/antigen/に配置します。

$ git clone https://github.com/zsh-users/antigen.git ~/.zsh/antigen/

.zshrcの設定

antigenの設定は.zshrcに直接書いても問題ないのですが、参考にさせて頂いたブログの記事のやり方が非常にスマートだったのでそちらに従って設定を記述していきます。
antigenの設定を他のファイルに分離するために.zshrcにはantigenの設定ファイルの読み込みだけを記述します。

# antigenの設定ファイルを読み込む
source ~/.zshrc.antigen

antigenの設定

antigenの設定は~/.zshrc.antigenという設定ファイルを作成し、そこに記述するようにします。

$ touch ~/.zshrc.antigen

公式のREADME.mdに書かれている設定の例を基に設定ファイルを記述した例です。

# antigen.zshの読み込み
source ~/.zsh/antigen/antigen.zsh

# Load the oh-my-zsh's library.
antigen use oh-my-zsh

# oh-my-zsh上にあるプラグインのインストール 
# Bundles from the default repo (robbyrussell's oh-my-zsh).
antigen bundle git
antigen bundle heroku
antigen bundle pip
antigen bundle lein
antigen bundle command-not-found

# oh-my-zsh以外のzshプラグインのインストール
# Syntax highlighting bundle.
antigen bundle zsh-users/zsh-syntax-highlighting

# Load the theme.
antigen theme robbyrussell

# Tell antigen that you're done.
antigen apply

antigenの起動

ターミナルを再起動するか、以下のコマンドで.zshrcを再読み込みすれば.~/zshrc.antigenが読み込まれてantigenが利用可能になります。

$ souce ~/.zshrc

参考

zshプラグインマネージャーantigenでoh-my-zshの良いとこ取りをする
http://blog.glidenote.com/blog/2012/10/25/antigen/

zsh-users/antigen https://github.com/zsh-users/antigen