読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にわとりプログラマーの備忘録

覚えたことをすぐ忘れてしまう、自分のための備忘録ブログです。

Scala.jsを触ってみた

Scala.jsというScalaで記述な可能なAltJSがあったので、興味本意で導入部分だけですが、触ってみました。

導入

早速、Scala.jsの導入を行っていきます。

プロジェクトの作成

activotr newコマンドでテンプレートからScalaのプロジェクトを作成します。

$ activator new

Fetching the latest list of templates...

Browse the list of templates: http://typesafe.com/activator/templates
Choose from these featured templates or enter a template name:
  1) minimal-akka-java-seed
  2) minimal-akka-scala-seed
  3) minimal-java
  4) minimal-scala
  5) play-java
  6) play-scala
(hit tab to see a list of all templates)
> 4

sbtの設定

project/plugins.sbtに以下を追記

addSbtPlugin("org.scala-js" % "sbt-scalajs" % "0.6.12")

build.sbtに以下を追記

enablePlugins(ScalaJSPlugin)

name := "Scala.js Tutorial"

scalaVersion := "2.11.7" // or any other Scala version >= 2.10.2

Hello Worldを表示するアプリケーションの作成

src/main/scala/com/example/Hello.scalaを作成

package com.example

import scala.scalajs.js.JSApp

object Hello extends JSApp {
  def main(): Unit = {
    println("Hello world")
  }
}

sbtを起動して上記のファイルを実行してみます。

$ sbt
> run
[info] Running com.example.Hello
Hello world
[success] Total time: 6 s, completed 2016/10/03 23:45:15

JavaScriptファイルに変換

fastOptJSコマンドでScalaのファイルをJavaScriptのファイルに変換します。

> fastOptJS
[success] Total time: 2 s, completed 2016/10/03 23:46:46

JavaScriptファイルを読み込む

実際にHTMLを作成して、先ほど生成したJavaScriptファイルを読み込んでみます。 index.htmlを以下の内容で作成します。

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
<head>
   <meta charset="UTF-8">
   <title>Document</title>
   <script src="./target/scala-2.11/scalajs-fastopt.js"></script>
</head>
<body>
    <script type="text/javascript">
       com.example.TutorialApp().main()
   </script>
</body>
</html>

index.htmlでブラウザで読み込んでみます。

f:id:t-yng:20161003235930p:plain

無事に読み込まれ、コンソール上に"Hello World"と表示されています。

さいごに

正直、型安全をメリットとするならTypeScriptの方で良いなとは思いました。