読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にわとりプログラマーの備忘録

覚えたことをすぐ忘れてしまう、自分のための備忘録ブログです。

動的型付けと型推論の違い

動的型付けと型推論の違いについてイマイチ理解していなかったので簡単に調べてみました。

動的型付けは動的型付け言語における言語機能であり、実行時に型が決定されます。
実行時に値に応じて動的に型が決定されるため、下記のように1つの変数に対して異なる型を代入することが可能となります。

/* JavaScriptの場合 */
var x = 100  // 動的型付けにより、変数xの型が数値型に決定する
x = "Hello World !"  // 型が動的に決定されるので、エラーがにならず変数xの型が文字列型になる

console.log(x)  // 「Hello World !」が表示される

それに対して、型推論とは静的型付け言語における言語機能であり、明示的に型を記述しなくてもコンパイラが自動的に型を決定してくれる機能です。
あくまでコンパイル時に型が決定されるため、型推論を利用しても動的型付け言語のように、1つの変数に異なる型の値を代入すことは出来ません。

/* Scalaの場合 */
var x = 100  // Int型を指定しなくても、代入される値からコンパイラが変数xの型を自動で決定する(型推論)
x = "Hello World !"   // 型推論によりxがInt型に決定されているため、Int型以外を代入するとコンパイルエラーが発生

println(x) // コンパイルエラーのため実行できない