読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にわとりプログラマーの備忘録

覚えたことをすぐ忘れてしまう、自分のための備忘録ブログです。

MacにJenkinsをインストール

CIについて触れてみようと思いMacにJenkinsをインストールしたので、その時のインストール手順をまとめておきます。

Jenkinsをインストール

今回はHomebrewを利用してインストールしました。

Homebrewのアップデート

最初にHomebrewのFomulaを最新の状態にアップデートします。

$ brew update 

インストール

アップデートが完了したら、jenkinsをインストールします。

$ brew install jenkins

バージョンの確認

インストールが完了したら、以下のコマンドでjenkinsが正しくインストールされているか確認します。

$ jenkins --version
2.7

Jenkinsの起動

ターミナル上で以下のコマンドを入力することでjenkinsが起動します。
起動時に色々と情報が表示されますが、最終的にJenkins is fully up and runningと表示されたら、起動に成功しています。

$ jenkins

他の記事ではターミナル上から起動するために、以下のように書いている記事もあります。
どのバージョンから大丈夫なのか分かりませんが、バージョン2.7ではjenkinsコマンドのみで起動が出来ました。

$ java -jar /usr/local/opt/jenkins/libexec/jenkins.war

Jenkinsの初期設定

起動後、http://localhost:8080/にアクセスすれば、以下の初期設定画面が表示されます。

f:id:t-yng:20160629230831p:plain

ロックの解除

Jenkinsの初期設定を安全に進めるために、起動時に管理者の確認があります。
/Users/<ユーザ名>/.jenkins/secrets/initialAdminPassworに記載されているパスワードをAdministrator passwordに入力し、continueをクリックします。

$ cat /Users/<ユーザ名>/.jenkins/secrets/initialAdminPassword | pbcopy

プラグインのインストール

続いてプラグインのインストール画面に移動します。
特にこだわりが無い場合は、Install suggested pluginsを選択すれば大丈夫です。 f:id:t-yng:20160629234222p:plain f:id:t-yng:20160629231952p:plain

管理者権限を持つユーザの作成

最後に管理者権限のユーザを作成します。
各項目に必要な情報を入力してcreate userをクリックします。

f:id:t-yng:20160629233801p:plain

インストールの完了

設定の完了後にログイン画面が表示されるので、初期設定で登録したユーザでログインをして Jenkinsのトップ画面が表示されればJenkinsのインストールが完了です。

f:id:t-yng:20160629234222p:plain